■メールを返信してもらうには

出会い系サイトにいざ登録して女性にメッセージを送っても返信がないと嘆いている男性諸氏はたくさんいるのではないでしょうか。

出会いを目的として出会い系に登録しているはずなのに、なぜこんなに男性と女性の間でギャップが生じてしまうのでしょうか。

情熱に差があるのではなくて、女性は男性にメールを送りたくても遅れない状況になっているというのが正しいです。

それを知らずにメッセージをひたすらに送り続けてもほとんどが返信してもらえずイライラが募る一方です。

ここでは、女性が男性に返信できない理由と、返信してもらいやすくなるコツを徹底的に解説していきたいと思います。

例えば、私の知人女性の話ですが、有名出会い系サイトにプロフィールを掲載したら、その日のうちに数十通もメールが来たそうです。

さすがに多すぎるメールがきたとおもって、プロフィールの写真を外しても、出会い系サイトにログインすると、ログインした女性の一覧表示から見つけてきた男性がメッセージを送ってくるそうです。

出会い系サイトにおいては、女性は貴重な存在として男性からのお誘いが殺到します。

もしあなたが女性だったとして、毎日50通以上も送られてくるメールに返信できるでしょうか。

一つのメールを数分で終わらせたとしても1時間以上かかる計算になります。なんの罰ゲームかと思ってしまうような作業を初対面の人に対してやるでしょうか。

私が女性だったらそんなことはせず、自分のタイプの人に自分のことをアピールするとおもいます。

これが当記事の最初の方で述べた、男性になぜ返信しにくい状況なのかということです。

女性が男性から送られてくるメールの多さに返信させる気力も時間もなくさせてしまっているということです。

なので、出会い系において女性から返信してもらえる確率を上げるには、まずは女性の目にとまる必要があります。

■ファーストメールの書き方

出会い系における女性側の事情がわかれば、適当なメールを送ろうとは思いませんよね。

ではいったいどういうメールを送れば女性から返信してもらえるのでしょうか。

●まず挨拶をする

ありきたりですが、まず初対面の人には挨拶がないと人としての人間性を疑われてしまったりもしますので、ファーストメールでは必ず自己紹介と挨拶しましょう。

ここでコツとして、自分の名前を相手に教えると好感度が上がります。

本名を漢字で伝えることにより、相手に好印象を持ってもらうのと同時に信用もしてもらえます。

さらに、名前を知ってもらうことにより、呼び捨てで呼び合ったりすることにより、よりいっそう仲良くなりやすくなるツールとして機能してくれます。

そのために、先に自分の名前を知ってもらうことで、自分のことは○○ってよんでね!と伝えることができます。

●なぜその人にメールをしたのか

出会い系サイトを始めたばかりの人は、プロフィールを閲覧していて、気になった人に、プロフィールが気になりました!なんてありきたりなメールを送ってしまいがちです。

プロフィールの具体的にどこが気になって何を思ったのかをファーストメールに書くことで、相手の心に響いて、好印象を持ってもらうことができます。

まずは相手のプロフィールや自己紹介覧をみて、何が気になったといえば、相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

趣味や職業などが鉄板ネタですが、逆に言えば、他のライバルもその話題をネタにする可能性が高くなります。

なのでここでは拾える限り自由な発想で相手のプロフィールをみて、いろいろな話題を考えましょう。

もし自己紹介文から、相手の心に響くような情報を拾えなかったら、相手のプロフィールの画像をみてもアイデアを拾うことができます。

肌がきめ細かいだとか、ファッションセンスが洗練されているとか、そういった普段いえないようなことをいってあげれば喜んでもらえますし、相手の印象にも残りやすくなります。

もし相手の自己紹介などから話のネタを拾えなかったら、相手の画像をみたときに、インスピレーションを感じた!なんてのも相手の印象に残りやすい話題になります。

●最後の一行が返信率を上げる

以外と皆さん適当に終わらしてしまっているのが最後の締めの一行です。

よかったらメールしましょうとか、メール待ってますとか、一般常識的な言葉としては普通ですが、出会い系サイトの使い方としてはあまりよくありません。

なぜなら、こういった適当な言い回しで最後の一行を占めると、女性側の心に響かずに返信しようという気にならないからです。

女性がわからしたらメールの内容も重みがなくてなんてことないメールだし、なんでこんなやつにメールを返信しなきゃいけないのかと思われてしまうでしょう。

また、人間というのは基本的に他人にはあまり関心がなく、自分の話を聞いてもらいたい!自分に興味を持ってもらいたい!と思っている生き物です。

つまり、丁寧なこりにこった文章を送ることにより、相手に、自分の熱意が伝わって返信してもらいやすくなると言うことです。

こういう風に相手の心に響くような心理テクニックを使うことにより、ファーストメールを返信してもらいやすくなります。

●ファーストメールは簡潔に

出会い系サイトのテクニックとしてファーストメールはなるべく長めの文章で相手のことを褒めるみたいなことが書いてありますが、それは間違ったテクニックだといえるでしょう。

長文メールに返信してくれるということは出会いやすい女性と言うことですから、フィルターの役割にはなりますが、そもそもたくさんの女性に送らなければならないので効率が悪いテクニックだといえるでしょう。

そもそも長文メールに返信してくれるよりも、第一印象で引かれてしまう可能性も高くなります。

それにすべてのメールの文章を長文のメールにしていたら、どれだけ時間が合っても書き切れないでしょう。

ファーストメールの文章は短くも長くもなく10行くらいの文章でシンプルに簡潔にまとめるのが重要だといえるでしょう。

■出会い系サイトのメールテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系でのテクニックには以下のようなものがあるので参考にしてみてください。

どれもこれも言われてみれば当然のようなことを書いていますが、その当然のようなことを普通に実践できる人が出会いの確立をアップできる人です。

なので、当サイトの記事を使って、ライバルたちを出し抜いて出会いまくっちゃいましょう。

●丁寧な言葉遣いをする

丁寧な言葉遣いと言ってもビジネスシーンでお客様に対して使うような、ものすごくへりくだったような文章でなくても大丈夫です。

今のこの記事内容くらいの口調で十分です。

もちろん、ずっと最初っから最後まで丁寧な言葉を使う必要はありませんが、徐々に打ち解けるような言葉遣いになっていけば、とてもいい流れだといえるでしょう。

そもそもありきたりな丁寧な言葉遣いすらままならないような人は、相手にもしてもらえない可能性がありますから、言葉遣いというのはとても重要です。

なので、少なくともお互いの距離感が固まるまでは、お互いに丁寧語を使うことにより、尊敬してもらいやすくなるでしょう。

●貼り付けはしない

ファーストメールから一貫して守ってもらいたいのが、コピペメールは送らないと言うことです。

誰にでも当てはまるような文章をあらかじめ作ってそれをコピペしてたくさんの相手に送っても文章からありきたりな文章でばれてしまいます。

ありきたりな内容で機械的な内容は何となく相手に伝わってしまうので、返信率が下がってしまうのです。

ほんの少しでもコピペメールだと思われたら、その女性から返信が来ることはないでしょう。

せっかく文章を書くのですから、時間を無駄にしないためにも、きっちり相手のことを考えて心を込めて文章を書きましょう。

●相手の名前を呼ぶ

相手の名前を書くことにより相手に親近感を持ってもらえるようになります。最初の数通は相手の名前を出すことにより一気に距離を縮めることができます。

ですが、相手の名前を書きすぎるとわざとらしさがでてしまうので、自然な感じで名前を呼びかけるようにしましょう。

●興味を聞き出す

出会い系サイトだけの話ではなく、日常生活全般にいえることですが、上手な質問をすることによって相手に気持ちよくいろんなことを話してもらえます。

そのためにも相手の興味がありそうな質問をたくさんしていくのですが、この質問を考えるのが意外と難しいのです。

以下の質問はだめなれいです。○○さんはフレンチ好きですか?

こちらの想定でいえば、この質問のあとに相手からパスタが好きです、という答えを引き出して今度いきましょうという流れを想定していると思います。

この会話は、機械的で感情があまりはいらないので、あまり面白い内容ではないですよね。

女性側からしたら、このパターンで食事の誘いを受けたことなんて過去に何十回も会ったと思うので、何もおもしろみがないのです。

いい質問形式というのは、自分の体験談を織り交ぜながら質問をしていくと言うことです。

●文字数を一定にする

2,3通目のメールからは文章量や時間などは相手に合わせることにより、よりいっそう仲良くなることができます。

例えば、相手が5行くらいのメールだったら、こちらも4,5行くらいのメールの文章量にすることにより、いい印象を抱いてもらいやすくなります。

他にも相手の返信スピードに合わせるというテクニックもあります。相手と同じくらいの返信スピードで返信することにより、一体感が生まれます。

ですが、文字数にしてもメールの返信ペースにしても相手に合わせすぎると狙っている感がでてしまうので、ほどほどにしましょう。

●楽しいときにあえて中断する

お互いの情熱がつきるまでメールをやりとりする人がいますが、あまりよろしいことではありません。

これはなぜかというと、楽しさのピークがすぎてしまったので、次のメールにつながりにくいからです。

最初はすごく楽しさ全開だったけど、段々話す内容もなくなってきて、あきちゃったと思われてしまうと次のメールがモチベーションが続かず尻すぼみになってしまいます。

このマンネリ化を避けるためには、お互いが楽しさのピークの時にあえてメールを中断するというテクニックがあります。

明日朝早く起きなきゃいけないとかもっともらしい理由を付けることにより、簡単に中断することができます。

●サイトを経由せずに個人同士でやりとりをする

出会い系サイト内でのメールは短時間で終わらせて、プライベートなメルアドでやりとりすることがテクニックです。

男性がメールの一通当たりに対してお金がかかっていることを知っているので、個人的なアドレスでやりとりしてくれやすいでしょう。

なので、この人とだったら仲を深めてもいいと思ってくれたら、直アドの交換もしてくれるでしょう。

10通以上やりとりをしても直接やりとりに切り替えないときは、相手の女性も男性に対してあまり好きではないのかなと思われてしまいがちです。

女性からしたらインターネットを介した顔の見えない相手とのやりとりは常に不安を感じているものです。

徐々に仲良くなれたら合ってもいいけど、すぐに会おうとしてくる男性はあまり好印象じゃないというのが実情でS。

なので、じわじわと女性の距離を縮めて、心を開いてくれるのを待っていることが大切です。

以上のことを踏まえて女性とのメールをするだけでかなり女性に好印象を持ってもらいやすいです。

しかし、そこから返信率の高い女性だけに絞ることができれば、男性が送ったメールの返信率は高くなるでしょう。

●主婦

女子大生と主婦はいろいろな理由でメールの返信率が高いのですが、以下のような理由によります。

女子大生は好奇心がたかいので、何でも経験してみようと思って返信率がたかいという結果に結びついています。

また、若い人は嫌な人間だと思われることを極端に嫌う傾向があるので、いい人間でいようとするため返信率が高いのです。

さらに主婦ですが、女性というのは何歳になってもちやほやされたいですし、異性から女性としてみてもらいたいという欲求があります。

ですが、旦那をもったり家庭に入ってしまうと、女性としてみられる機会が極端に減ってしまうので、すこしでも異性としてみてくれる男性に出会うととても嬉しいのでしょうね。

そもそも既婚者で旦那もいる主婦という存在が出会い系サイトに登録して利用している時点で異性をもとめているということなので、狙い目であるというのはすぐにわかります。

●ログインが遅い時間帯の人

朝8時くらいに起きて出社して仕事から返ってくるのが夜7時くらいだとすると、21時以降というのは、個人的な暇な時間帯です。

好きな映画などを見たり、資格取得に向けた勉強をしたりといった、個人の余暇の時間帯です。

そんな完全にプライベートな時間を使える時間帯に出会い系サイトにログインしている女性ってどういう女性だと思いますか。

もちろんそれぞれ個人的な理由があると思いますがが、唯一共通しているのは、真剣な出会いにしても、エッチな出会いを求めているにしても、男性との交流を求めている女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣な出会いを探し求めている女性に、しっかりとした文面のメールを送れば高い確率で返信してくれると思いませんか。

また人間の動物としての本能として、夜に行う行為は本能的になりやすいという、心理学もあります。

太陽がまだ照っている時間帯だったら、理性がかかるところを、夜であれば逆に本能的な行動になりやすいということです。

上記のようなことから夜遅い時間帯は男女のゴールデンタイムといっても過言ではありませ園。

●共通点を探す

付いている職業が同じ業種だったり、出身地が同じだったりすると相手の返信率が高くなります。

住んでいた人にしかわからないような地域性の高い話をしたときに、もりあがったりしたら嬉しいですよね。

そして、それは出会い系のやりとりでも重要なテクニックなので、あなたと女性との間に共通点を見つけたら、このテクニックを使うチャンスです。

●相手を操る会話術

出会い系サイトでのやりとりに限らず、リアルの私生活でも自分の思い通りに相手の会話を誘導できたらいいと思いませんか。

ですが、それが簡単に使えて誰でも実践できるテクニックだとしたら、あなたもすぐに身につけたいと思うはずです。

相手の会話を誘導するテクニックのコツとしては、相手の質問に対してすべて返しのパターンを準備しておくことです。

例えば、相手とある程度仲良くなって、相手の本名を聞いたときにまだ打ち解けていなくて教えてくれないときと、すぐに教えてくれるときとがあります。

このとき教えてくれなかったからといって、もたもたしてしまった返信をしてしまうと、相手に不信感を抱かれしまいかねません。

しかし、相手がどういう返信をしてきたとしても、思いつく限りのパターンをあらかじめ想定しておくことにより、余裕を持った返しをすることができます。

そうすることにより、相手がどんな返信をしてきたとしても、最終的に自分が導きたいところまで会話の内容をもってこられるはずです。

実はこの手法は営業マンなどはよく使っている手法で、誰にでもすぐにマスターできます。

●情熱が大切

ここまでの内容はいかがでしたでしょうか。あなたが本当に望んでいるテクニックが手に入ったでしょうか。もし満足していただけたなら大変嬉しいです。

ただ、ここまでいろいろな情報を紹介しておいていうのはなんですが、純粋にあなたとお話がしたい!という強い思いがあれば相手に伝わるので返信率が上がります。

なぜかというと、相手の性格も千差万別ですし、会話の内容も無限にあるので、このテクニックをつかえば落とせるみたいなのは存在しないからです。

自分でもよくわからないのですが、相手と仲良くなりたいという思いがあれば、自然と相手に伝わって、うまくいくようになります。

ある程度仲良くなって、直アドでやりとりをするような段階になると、ある程度相手の女性をゲットしたというような気持ちが出てきて、ついつい横柄な胎動になりがちですが、最後まで態度に気をつけましょう。

直接のアドレスでやりとりをするようになったからといって、傲慢になって自信過剰なメールの文章をおくると嫌われてしまいがちですから、注意しましょう。

返信率が高くなる文章というのは存在しますが、理屈にばかりこだわらずに、人間的な部分を大切にしましょう。

出会い系で女性とつながりやすくなるコツはこの人と仲良くなりたいという本能から出てくる好意です。

だからこそ出会ったときに楽しいひとときを過ごせると思いますし、幸せなカップルになれると思います。